キャッシュレスが進めばどのような未来が訪れるのか?


おカネをとりまく環境が劇的に変わる、キャッシュレス決済の未来

キャッシュレス社会の未来に向けて、普及が見込まれる新たな決済も登場しています。

ひとつはモバイル決済です。いままでのキャッシュレス決済は電子マネーのICカード、クレジットカード、デビッドカードを読み取るのが一般的でした。それに対して中国のAlipayやWeChat PayはQRコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで決済します。カードの読み取り機を導入する必要がないため、コストを抑えることができ、導入のハードルが下がります。日本でも楽天ペイやLine Payが対応しています。

もうひとつは、個人間の送金です。飲み会を割り勘にしたり、個人で家庭教師を依頼している人に月謝を払ったりと、個人間のお金のやり取りは日常生活で頻繁にあるものです。Line Payなどの一部サービスではすでに個人間送金に対応をしています。

そして将来的には、銀行口座を介さないデジタル通貨のやり取りが当たり前になるかもしれません。

銀行口座を介さない決済手段のひとつが、ビットコインに代表される仮想通貨です。価値が乱高下し、投機商品のイメージがある仮想通貨ですが、本来は、世界中のどこでも使える通貨を目指して設計されたものです。仮想通貨は銀行口座を必要としないため、お金のやりとりも「送金」というプロセスが不要で、手数料がほぼゼロ可能性を秘めています。

2020年、キャッシュレス決済はどうなる?

日本の場合、治安が良く、貨幣偽造の心配が少ないことから、現金決済の慣習が根強く残ってきました。そんな現金大国の日本で現金がいらない生活を送るためには、政府が現金使用を抑制するのか、民間のキャッシュレス決済サービスがデファクトスタンダードになっていくのか、どちらかの流れが必要です。

いずれにせよ、2020年までもう間もなく。この短い期間で日本がどれだけキャッシュレス社会を実現できるのか、注目していきましょう。

【この記事を読んだあなたにオススメ】
日本の先を行く?QR決済の規格化を進める 台湾キャッシュレス事情
アフリカこそFinTech(フィンテック)先進国、2030年は経済の主役に?
実は次のフィンテック大国 メキシコの可能性

Photo by David Shares on UnsplashzM