ハイブリッドクラウドとは?特徴と活用事例


「サーバーやソフトの購入やシステム開発が不要」「どこからでも利用ができる」「セキュリティーレベルが高い」といった理由で、クラウドサービスを利用する企業が増えています。

クラウドサービスには複数の種類がありますが、既存のクラウドサービスのデメリットを軽減し、メリットを最大化するために開発された、最新のクラウド「ハイブリッドクラウド」が注目を集めています。

「次世代ITインフラ」の登場は、ビジネスをどのように変革させていくのでしょうか。

既存のクラウドのメリット、デメリット

クラウドと省略されることの多いクラウド・コンピューティングとは、インターネットを雲(クラウド)に例え、「クラウドの中の仮想空間から提供される、ストレージやアプリなどのサービス」という意味です。

私たちも使用することが多いクラウドサービスには、大きく分けて、プライベート(私用)型とパブリック(公共)型があります。

プライベート型は、自社内でクラウドシステムを構築し、自社(オンプレミス)あるいは社外のサーバー(ホスティング)を介して利用します。一方、パブリック型は社外のクラウドシステムやサーバーを利用するものです。

プライベート型のメリットは、自社のニーズに合わせてカスタマイズできる柔軟性や、高度なセキュリティを構築できることなどです。反面、特にオンプレミスの場合は設備投資が必要となるため、システムの導入・管理コストが高く、リソースの増減が難しいというデメリットがあります。

パブリック型は、プライベート型と比較するとコストを抑えられるものの、障害が発生した時は自社で対応できないため、基本的に契約先の対応待ちとなります。

通常、企業はニーズや予算に合わせて、自社の運用に最適なタイプを採用します。

プライベート型とパブリック型のいいとこどり、ハイブリッドクラウドとは?

しかしビジネスが多様化している近年、クラウドに求められるニーズも常に変化しています。

ハイブリッドクラウドは、「必要に応じてプライベート型とパブリック型の両方を、より柔軟に使い分けたい」というユーザーの声に応え、それぞれのデメリットを軽減すると同時にメリットを最大化するために開発された、最新のクラウド形式なのです。

プライベート型とパブリック型を組み合わせ使用することで、高セキュリティー、高カスタマイズ性の高さ、低コストが実現します。また両者間でデータやアプリケーションの共有も出来るため、単体では不可能だった柔軟性のある使い方が可能になります。

企業はハイブリッドクラウドを活用することで、既存のクラウドよりも多くの恩恵を受けられます。

長期的な管理コストが安い

機密データの管理はプライベート型、その他のデータはパブリック型と使い分けることで、コストを大幅に抑えられます。

たとえば、膨大な計算を必要とするビッグデータ分析などが、これまでの数分の1のコストでできるようになります。

導入コストや追加コストは発生するものの、長期的には管理コストの削減につながります。

障害発生時の対応が容易

システムの単一化は利便性が高い反面、障害発生時の対応が難しく、また契約条件の変更などに翻弄されることがあります。

プライベート型はバックアップがなければ回復できず、パブリック型はベンダー側の復旧作業に依存せざるを得ません。

一方、ハイブリッドクラウドは、ネットワークに対応しているアプリケーションの一部がプライベート型なので、障害が発生しても迅速に対応できます。

作業スピードの向上

ハイブリッドクラウドの通信速度は、他のクラウドに比べて速いわけではありません。しかし、ネットワークを最適化することで遅延を最小限に抑え、作業スピードが向上するというメリットがあります。

活用事例


ハイブリッドクラウドの導入例としては、アクセスが集中するWEBの負荷緩和や、災害復旧に備えたデータのバックアップ、新しいアプリケーション開発のテスト運行などが挙げられます。

また、「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」という仮想のデスクトップ環境をサーバー上に構築するシステムの中継地点として、ハイブリッドクラウドを活用する企業も増えています。VDIは、業務に利用するOSやアプリケーションを、各ユーザーのデバイスの代わりに、仮想のデスクトップ上にインストールすることで、業務の効率化や機密情報の漏洩リスクを軽減するものです。

また、経営資源の有効活用の観点から企業全体を統合的に管理し、経営の効率化を図るための「企業資源計画(ERP)」などにも最適といわれています。

大手IT企業が加速させるハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドへの移行は、MicrosoftやAmazon、Googleなどの大手IT企業がサポートしています。具体的には、「Microsoft Azure Hybrid cloud solutions」や「Google Cloud Platform」といった独自のクラウドサービスがあります。

2017年に仮想マシーンおよびソフトウェア企業VMwareと「VMware Cloud™ on AWS」を共同開発したAmazon Web Services(AWS)は、近日中に「AWS Outposts」のリリースを予定しています。

データ通信の遅延時間に敏感なユースケースにもリアルタイムで対応できるようになるほか、オンプレミスに一部のデータの保存するで、大量のデータ送信で生じる帯域幅の占有を回避できます。

こうしたハイブリッドクラウドの進化は、業務の効率化やコスト削減、顧客体験の向上だけではなく、ビジネスモデルの基本概念、ひいては組織構造など、幅広いビジネス環境に影響を与えることになるでしょう。

クラウド市場は、テクノロジーの進化や需要の変化に伴い、今後も多様化すると考えられています。クラウドシステムの導入やアップデートを検討中の企業は、コストやセキュリティ、性能など、様々な角度から自社に最適な手法を見つけ、バランスの取れたシステムを構築する必要があります。

Photo by Yanawut Suntornkij&peshkov on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・外食産業に革新を与える、噂のクラウドキッチンとは?
・FinTech―クラウドファンディングによる自己実現の可能性―
・「時は金なり」と「タイムイズマネー」の意味の違いについて解説
・新しい経済政策パッケージで日本は2020年度までに大きく様変わりする
・クラウドよりも地上に近い?フォグコンピューティングとは