「AI投信」現状の課題と今後の期待とは?


AI(人工知能)を投資判断に活用する「AI投資信託」が増えています。JPモルガン・チェースを筆頭に、大手がAI投信市場に介入しゲームチェンジャーとなることが予想されますが、改善すべき課題も指摘されており、今後の動向が気になるところです。

人間の投資判断能力をはるかに上回るAI投資信託誕生の背景

もともと、投資の判断は非常に難しいものです。情報過多な現代社会においては、有益な情報とそうでない情報の取捨選択が必要になるだけでなく、リターンを生み出す要素とリスクにつながる要素を見極める目が求められます。
しかし慎重に投資判断をしたとしても、100%成功するわけではありません。予期せぬ市場の変化によって、予期せぬ損失を被ることもあります。

また、人間にはバイアス(先入観)にとらわれる傾向があります。熟練した投資家でさえ、先入観が邪魔をして適切な投資判断ができなくなり、損失を出してしまうこともあるのです。

このような人間の欠点をカバーし、投資判断の効率性や的中率の向上を図る手段として注目されているのがAI投資です。膨大な過去データをAIに学習させ、投資銘柄の選択にAIの分析・判断能力を活用するというものです。

AI投資の代表的なものに、ロボットアドバイザーや、機械学習のアルゴリズムを活用したインデックスがあります。

AI投信を利用するメリット

AI投信は、投資家に多くのメリットをもたらします。ここでは主なメリットをご紹介しましょう。

ミスやエラーの発生率が低い

AIは、自分がデータから学んだルールのみに忠実に従い、客観的に分析・判断を行うため、人間よりミスやエラーの発生率が低いと言われています。機械なので、人間に見られてもプレッシャーを感じることはありません。

人間には不可能な量のデータを分析できる

人間が行うと膨大な時間と労力、コストを要するテラバイト規模(コンピューターの記憶容量。ギガバイトの1000倍に値する)のデータを、AIは即時に分析することができます。
これによって、投資家はより広範囲な情報にアクセスすることができます。

投資初心者でも気軽に試せる

膨大なデータをAIが分析・判断してくれるということは、投資の知識がない人でも簡単に投資ができるということです。ロボットアドバイザーなどを利用すれば、個人のリスク許容範囲やリターン目標に合わせ、最適な投資商品を選んでくれます。

AI投信を利用する際の注意点

AI投信を利用したからといって、必ずリターンを得られるわけではありません。注意点をしっかりと認識し、自分の投資スタイルや目的、許容リスクなどに合った投資法かどうかを確認しましょう。

過去のデータに基づく予想しかできない

膨大な量の追加データを生成できる自動運転車のAI技術とは異なり、AI投資はあくまでも過去のデータに基づく分析・判断しかできません。つまり、過去のデータにはない新たなファクターに対して、AI投資は無防備ということになります。
この点については、今後の技術革新によってAI投資の実績が確立されていくにつれて、改善されていくことになるでしょう。

サービスや運用会社によっては手数料が高額になる

ロボットアドバイザーを使うと、通常の投資信託よりは運用コストを抑えられますが、手数料や運用コストは管理資産(AUM)の金額によって決まるため、運用会社や利用サービス、AUMによっては手数料が高くつくことがあります。
また、信託財産留保額(売却時のコスト)が必要になる運用会社もあるため、予め全体的なコストを計算しておく必要があります。

とはいえ総コストは平均1%であり、「銘柄選びからポートフォリオ構成まですべて任せたい」「投資に費やす時間がない」という人にとっては、十分検討に値するサービスと言えるでしょう。

今後のAI投信の発展のカギを握る重要な課題

AI投信は、「投信=ある程度経済的な余裕と投資の知識がある人のもの」というイメージを一新し、投資に興味のある若年層から中高年層まで、幅広い層の利用者を獲得しました。

2019年には、JPモルガン・チェースが独自のロボットアドバイザー「You Invest Portfolios」のサービスを開始したほか、ゴールドマン・サックスがスピンオフであるマーカス用に、ウェルス・マネージメント商品を開発中であることを明らかにするなど、大手の参入も目立ちます。

その一方で、一部の投資家から運用成績の改善を求める声が上がっていることも事実です。

日興リサーチセンターの調査では、国内のアクティブAI投信10本の過去1年間の基準価格の騰落率がマイナスであることが明らかになりました。

機械学習モデルをベースとするソシエテジェネラルの「Machine Learning Long Short Equity Index」や、シンガポールのヘッジファンド調査・情報提供会社の「Eurekahedge AI Hedge Fund Index」など、海外のAI投信の失速も目立ちます。
苦戦の原因は、注意点で述べた「新たなファクターへの対応」の不確実性と考えられます。この課題をクリアすることで、AI投信の新たな可能性が開かれることになるでしょう。

Photo by Blue Planet Studio&taka on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・ESG投資とは?世界で拡大している理由
・投資は「自己責任」ICOに参加する前に確認すべきメリットとリスク
・投資をするときも冷静でいるために!行動経済学で考える資産運用
・創造的思考はセンスよりスキル!習慣化してビジネスで優位に!
・シードよりも早いプレシード投資?なぜ今増えているの?