コンサルからチョコレート業界へ転換!創業3年で日本人初の世界大会金賞 Minimal山下貴嗣さん Vol.1


2014年創業のチョコレート専門店『Minimal –Bean to Bar Chocolate-』は、厳選したカカオ豆と砂糖というシンプルな組み合わせで、豆から板状のチョコレートになるまでの全工程を一貫して手がけています。チョコレートを「おやつ」ではなく「嗜好品」として昇華させたBean To Barの仕掛け人、山下貴嗣さんにお話をうかがいます。

山下貴嗣
1984年岐阜県生まれ。
チョコレートを豆から製造するBean to Bar(ビーントゥバー)との出合いをきっかけに、世の中に新しい価値を提供できる可能性(新しいチョコレート体験の提案や農家を巻き込んだエコシステム創り)を見出し、2014年に渋谷区・富ヶ谷にクラフトチョコレートブランドの「Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)」を立ち上げる。年間4か月強は、赤道直下のカカオ産地に実際に足を運んで、カカオ農家と交渉し、良質なカカオ豆の買付と農家と協力して毎年の品質改善に取り組む。カカオ豆を活かす独自製法を考案し、設立から3年で、インターナショナルチョコレートアワード世界大会Plain/origin bars部門で日本初の金賞を受賞。2017年にはグッドデザイン賞ベスト100及び特別賞「ものづくり」やWIRED Audi INNOVATION AWARD 2017 30名のイノヴェイターにも選出される。モノを丁寧につくるクラフトマンシップを心から愛する。夢は「世界中の美味しいカカオを食べること」。
HP:http://mini-mal.tokyo/

 

世界最高峰のチョコレート品評会出品部門で日本人初の金賞受賞 日本が誇る若き精鋭

–カカオ豆から板チョコができるまでをBean To Barといいます。その先駆者であり、世界最高峰のチョコレート品評会出品部門では日本人としては初となる金賞を受賞した山下さん。創業して丸3年ですが、世界を代表するショコラティエと肩を並べたというのは、ものすごい快挙ですね。

ありがとうございます。この3年間でさまざまな賞をいただき、また出品部門で国内のBean To Barとしては唯一の金賞を果たすことができたことは大変光栄なことだと思っています。非常にありがたいですし、本当に嬉しいことではあるのですが、一方で怖さも感じています。というのも、まだMinimalの私たちはそういった賞を受賞する立場には「追いついていない」という感覚を強く持っているのです。本当に自分たちがやりたいこと、やらなければいけない課題がまだまだ山積みです。

ですから、こういった受賞はそれまでの功績が認められたというよりも、未来への期待が込められていると捉えています。よりいっそう気持ちを引き締めて、全力でチョコレートに取り組んでいく。その先には失敗することもあるかもしれませんが、その代わり諦めない心を持って繰り返しチャレンジしていく、その精神が大切だと考えています。

「ライフを充実させるための手段がワーク」敏腕コンサルが退職を決めたワケ

–山下さんの経歴は、とてもユニークです。29歳で脱サラし、全くの門外漢だったチョコレート業界に着目。そしてあっという間に起業を果たして一流ブランドに名を連ねました。数多ある職業の中、なぜチョコレートを選んだのかとても興味があります。

「なぜチョコレートだったのか?」こういった質問をいただくといつも詰まってしまうのですが、まず個人的なところからお話しすると、おっしゃる通り私は起業する前は会社員をしておりました。大学卒業後に株式会社リンクアンドモチベーションに入社して、コンサルタントからマネジメントまで経験しました。

決して前職が嫌になって辞めたわけではないんです。入社当時は学生気分が抜けきらず、愚痴ばかりこぼす落ちこぼれ社員でしたが、20代後半ともなると仕事が楽しくて仕方ありませんでした。朝から晩まで働き詰めでしたが、苦痛に思ったことはありませんでした。それくらい仕事に熱中していたのだと思います。

そもそも僕は仕事をすることが好きだったんだと思います。たとえば、こういう言い方をしてもよいのかわからないのですが、ワーク・ライフ・バランスという言葉があるじゃないですか。私はあれに少し違和感を覚えているんです。ワークとライフを天びんにかけるのはそもそも間違いで、絶対にライフが上にならなければいけないなと日ごろから思っていたんです。ライフを充実させるための手段がワーク。生きるためには働かなければいけない、という考え方は少しばかり重いのではないかなと感じていました。

–仕事にやりがいを感じていた時期に退職するという道を選んだのは、ずいぶんと思い切った選択だったのではないでしょうか?そのまま続けていれば、安定した将来が約束されていたはずです。

おっしゃる通りです。仕事にも恵まれていましたし、先輩や上司も素晴らしい方々ばかりでした。そのまま続けていれば、もっと結果は出せていたと思います。それではなぜ辞めたのか?これもまた難しい質問なのですが、まずお伝えしておきたいのはチョコレートの世界に飛び込みたいと思ったから、会社を辞めたわけではないんです。実は現在の道に進むことを決めたのは、退職後なんです。

本当にやりたいことってなんだろう?もっと幸せなことがやりたい

–なぜ、次どうするのかを決める前にご退職されたのでしょうか。

それには理由があります。私は貨幣経済の中で生きていくと決めているので、そうなると仕事というのは稼ぐためのひとつの手段になります。週5日9時から5時までみっちりと働く。でもその生活サイクルの中に少しでもしんどいな、早く仕事が終わらないかなと思うのはどうかなと考えたのです。やっていて楽しくて、まるで遊びのように仕事ができれば気持ちが豊かになりますよね。遊びながら学べるというのは、理想的なことだと思います。そういうことが自分でもできたら幸せだろうなと、当時は思っていたんですよ。

繰り返しますが、決して前職が辛かったわけではなく、ただ漠然と「遊びながら学ぶことが幸せ」だと思っていたのです。学生時代の仲間たちと仕事帰りに集まって飲んでいた時、よくそんな話をしていました。自分が本当にやりたいことって何だろう?今よりも責任を持って取り組める、もっと幸せなことをやりたいなという気持ちが高まったので、次の仕事を決める前に辞めてしまいました。

–恵まれた職場を捨てる怖さのようなものはありませんでしたか?

それはほとんどありませんでした。職場の先輩たちに教えてもらったんですよ。仕事って一生懸命頑張れば人生を豊かにしてくれると。一生懸命仕事をすれば周りから感謝していただけます。信頼を得ることもできる。信頼してもらえるということは、さらに仕事を任せていただけるのです。

つまり、頑張れば頑張るほどもっと良い仕事が自分のところに回ってくるという引き寄せがあると思うのです。その教えが、現職の在り方というか、仕事に取り組む姿勢などにつながっていると思います。たかが20代の何の経験もない若造が貴重な経験をさせていただいた上に、先輩方からありがたい言葉をかけていただいたのです。前職の皆さんにはいくら感謝してもしたりません。

>>カカオ豆と砂糖だけでつくる「和食っぽい」チョコレート minimal 山下貴嗣さんの引き算式製造論 Vol.2

(聞き手:永原 由香子 撮影:髙橋 明宏)

【この記事を読んだあなたにオススメ】
・独自の視点と理論で植物を栽培 常識は常識ではない?「熱帯植物栽培家」杉山拓巳さん Vol.1
・元関西ジャニーズJr.が税理士に!「あなたのターニングポイントは」税理士呉村哲弘さんVol.1
・名古屋のカフェ文化が熱い!お土産にもなる「インスタ映え」必至のご当地スイーツ
・多大な影響力を持つ美業界の革命児!「ヘアアーティスト木村直人さんのターニングポイント」Vol.1
・BABYMETALが筆頭!世界で活躍する6組の日本人アーティスト