私が『できる人の共通点』を出版した理由 獨協大学准教授 陰山孔貴先生 Vol.2


『できる人の共通点』の筆者、陰山孔貴先生(獨協大学准教授)は社会人経験のある教育者です。

>>企業勤めを経て教育者へ「できる人の共通点」の作者が語るターニングポイント 獨協大学准教授 陰山孔貴先生 Vol.1

陰山 孔貴
獨協大学経済学部経営学科准教授。博士(経営学)。
1977年大阪府豊中市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了後、シャープ株式会社に入社。
液晶パネル事業の経営管理、白物家電の商品企画、経営再建等に携わる。
同社勤務の傍ら、神戸大学大学院経営学研究科専門職学位課程、同博士後期課程を修了。
獨協大学経済学部経営学科専任講師を経て2017年より現職。
2018年より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター技術経営研究部会招聘研究員、2019年よりBarowsky School of Business – Dominican University of California客員研究員も務める。
主な著書に『脱コモディティ化を実現する価値づくりー競合企業による共創メカニズムー』(中央経済社)、『ビジネスマンに経営学が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング)、『できる人の共通点』(ダイヤモンド社)がある。

 

『できる人の共通点』はこうして生まれた!

――2018年には著書『できる人の共通点』を出版されました。拝読いたしましたが、インタビュアーの私も共感できる部分もたくさんありました。多くの人にインタビューを行い、そこから共通点を見出していくのは尊いことだと感じますが、これはライフワークの一環でしょうか?

はい。多くの人たちにお会いし、さまざまなお話をお聞きすることは楽しいライフワークの一環だと考えています。研究のためや学生たちに教えるためという意味合いもありますが、単純に面白いです。しかも、面白い人にも出会えますから。

――今回は3つの角度からお話をお聞きしたいと考えています。まず1つめに書籍出版についてお伺いしたいと思っています。なぜ仕事のできる人たちにフォーカスして取材しようとお考えになったのか、その理由をお聞かせいただけますか?

92歳まで経営者であった祖父が亡くなる前に私に言ってくれた「いろいろな人に会いに行けばいい」という言葉がきっかけです。ちょうど大学教員になって1年目の夏だったと思います。祖父が入院していた病室でこんなことを言われたものですから、それから人に会うことを積極的にしました。できるだけ第一線で活躍される方にお会いして自分自身も吸収したいという思いが強くあり、あえてそういう方々に対して取材を続けていました。時にはインタビュー時間が数時間と長くなって人には話せないような悩みやお考えを拝聴することもあります。本当に勉強になります。

――先程お伺いしたことと重複するかもしれませんが、取材対象の方々をどのようにお決めになるのでしょうか?できる人だと言われる人はたくさんいらっしゃいますから、基準があればご教授ください。

はい。基本は私がお会いしたいと思う人にお会いするというスタンスです。また、友人が「この人に会っておいた方がいいよ」と紹介して下さるケースもあります。あとは、学生によい影響を与えてくれそうな人でしょうか。彼らの顔を浮かべて、彼らが喜びそうならば、できるだけお会いするようにしています。また、そのような方にはゼミにもお越しいただき、彼らと触れ合っていただきたいですので。皆さんお忙しい方ばかりですから「お会いしてくださるのか」も一つのポイントです。アーティスト、研究者、アスリート、企業経営者など、これまでお会いした人は数百を超えますが、1回1回の出会いやいただいた時間は私の貴重な財産となっています。

――実際に書籍を拝読して感じたのは、これまであるようでなかったテーマが主題となっていた点です。なぜこの本を出版しようとお考えになったのでしょうか?

最初はできる人だと言われる人に話を聞きたいと思っていただけだったのですが、お話を伺う中で「仕事ができる人とはこういう人なのか」と肌で感じる場面が増えてきましたし、「できる人たちはみな同じことをおっしゃる」ということに気づいたからです。もちろん、表現する言葉は違うのですが、内容や行動を振り返ってみると意図されることは同じでした。この書籍の出版に関しては以前から仲良くさせていただいていた編集者の方が私のやっていることに興味をもってくれたことがきっかけです。書籍にすることでより自身の考えもまとまったと感じています。

――『できる人の共通点』の出版後の反響はいかがでしょうか。

多くの人から反響をいただきましたよ。この本のおかげで、今年、2019年には『脱コモディティ化を実現する価値づくりー競合企業による共創メカニズムー』、『ビジネスマンに経営学が必要な理由』という2冊の本も出版できました。また、学生たちからの反響も大きかったです。「先生はいつもどこかに行ったり、忙しそうにしているけれども、インタビューをしていたんですね」「いろいろな人をゼミに連れて来てくれるけど、こういうことだったのですね」と声をかけられますね。また、実際にインタビューを受けてくださった方からは「なんで私の話は載っていないの?」「私の話、他の人に比べて短すぎない?」と言われることもあり、嬉しい反面、「あーっ」て思う部分もあります。多くの方にお目にかかったのですが、どの方のエピソードを載せるのか、本当に悩みました。

――出版後、できる人の新しい共通点など、思い浮かぶところはありますか?

もちろん出版後に新しく発見したこともありましたが、最も思うのは、できる人は自分ごととして物事を捉えるのが秀逸だということでしょうか。つまり、何においても自分はどうするか、どう考えるかと自分ごととしています。それが7つの共通点にも繋がるのだと思います。

この書籍に書かれていることは誰でもできることばかりだと思うんです。ただ、誰にでもできることだからこそ、実践し、継続するのが難しいということです。つまり、継続できる人はできる人になれる可能性が高いということだと思うのです。

>>Vol.3では陰山先生が分析した7つの共通点についてご教示いただくとともに、自分ごと化するための考え方を学びます。『できる人の共通点』をどのように自分ごと化するのか、その考え方もお聞きしました。

(聞き手:伊藤 秋廣 撮影:髙橋 明宏)

【この記事を読んだあなたにオススメ】
・デキる人の必需品?シンプルなメモ書きを極めて生産性を3倍アップしよう!
・イノベーション時代、『はみだす力』が求められる理由
・信用は貯めるもの?新しい信用のあり方とは
・ヘアケア、飲み放題も!?広まる「サブスク型」、変わり種も
・伝説の起業家ピーター・ティールに見る新しい生き方