日々のタスクを見える化!忙しさをサポートする生活習慣アプリ4選


朝起きて、顔を洗って朝食を摂り、歯を磨く。私たちが普段無意識に当たり前のように行っていることは習慣だと言えます。習慣はキャリアや人生そのものにかかわる要素のひとつです。無意識に行う習慣によって時間を浪費し、目標達成が遅れると「やっぱりあの時これをしておけばよかった」と後悔し、生活習慣を見直し、改善しようと思うのではないでしょうか。そこで、習慣化をサポートしてくれるアプリを紹介します。

AIは人の仕事を奪うもの?サポートしてくれるもの?

AIが人の仕事を奪うという話を時折聞くことがありますが、AIはさまざまな情報収集・分析を行ってくれます。それまで人が手を動かしていたことをAIが時間をかけずにやってくれるという点では、AIが人の仕事を奪うというのは適切な表現かもしれません。一方、AIはクリエイティブな思考や活動のサポート役だという考え方もあります。AIが情報収集・分析をしたデータを人がカタチにするのです。こうすれば、効率的にパフォーマンスをあげられます。

しかし、AIのフォローによって高いパフォーマンスを発揮できる状況を作り出せたとしても、日々の生活習慣やタスクの管理ができなければ、本来の力が発揮できなくなるおそれもあります。特に、多忙な人はマルチタスクになりがちで、さまざまなタスクを同時並行しています。そのため、疲弊している場合もあるかもしれません。クリエイティブな仕事をするためには心身ともに健康な日々を過ごすのが一番です。睡眠不足で疲れが取れず、悩みを抱えた状態で精神的な不調が続けば、日々の生活にも支障をきたす可能性もあります。そのため、日々の心身の健康状態や仕事のタスクを記録し、振り返りを行いましょう。

タスク管理は簡単が一番!シンプルな4つのアプリ

とはいえ、ノートにすべてのタスクを書き出すのは手間がかかります。そこで、生活習慣アプリを活用して、時間をかけずにタスク管理をしてはいかがでしょうか。以下に生活習慣アプリを4つご紹介します。

Momentum(モメンタム)

Momentumは習慣化したい行動を登録、日付をタップするだけで行動をトラッキングできるシンプルな生活習慣記録アプリです。その行動が習慣化されたかどうかは「週に何回行動したか」「連続何回行動しているか」「最長どのくらい連続で行動したか」などの数値で確認します。連続行動回数を数値とカレンダー表示で確認できるので、習慣化にも役立つでしょう。

また、Momentumはリマインダー機能によって忘れてしまいがちなタスクもしっかりとサポートしてくれます。無料版のMomentumは3つの習慣を登録でき、600円の有料版ではタスクが無制限に管理できます。まずは重要な習慣を3つ登録するところから試してみてはいかがでしょうか。

ループ習慣トラッカー

ループ習慣トラッカーは時間管理をしながら自分の習慣を記録ができるアプリです。ループ習慣トラッカーはひとつひとつの習慣をプロジェクトとして繰り返す回数や曜日、時間帯などを設定し、登録した内容を実行したらチェックを行います。

Momentumがカレンダーを基軸に習慣をチェックするのに対し、ループ習慣トラッカーはタスクごとに習慣を管理します。最高連続記録や月と曜日ごとの習慣完了リズムなども確認できるので、どのような時間の使い方をすればよいのかを考えることができます。

Streaks(ストリークス)

Streaksはミニマルなアイコンのついたタスクを習慣として一覧管理できるスタイリッシュな生活習慣記録アプリです。Streaksのコンセプトは良い習慣を続けることです。そのため、生活に良い効果をもたらすと思われる習慣が登録できるように準備されています。登録した習慣は、連続回数と週ごと、月ごとの完了数がグラフやカレンダーなどで分かるようになっています。

達成率を100%として、自分の目標達成に対してゆるやかなスモールステップも作れます。自分の生活で習慣化したいことを12個までタスク登録できます。なぜ習慣を記録するのかとという根拠を熟考したアプリといえるでしょう。600円の有料アプリですが、その価格にふさわしいパフォーマンスを持ちます。

Toggl(トグル)

Togglは「1日の時間の使い方をトラッキングする」という一風変わった生活習慣記録アプリです。Togglは自分が何に何時間消費しているのかを記録することで習慣を可視化します。1日の仕事、運動、食事などのあらゆる行動を登録し、スタート・ストップボタンで行動時間を記録することで1日の時間の過ごし方が円グラフで分かるようになります。入力し忘れた場合は後から編集することも可能です。

データが蓄積されると習慣が見えてくるので、今後習慣化したいタスクにはリマインダー設定することもできます。データをチームで管理することも出来、生活を基盤とした習慣の改善と記録を目指せる新感覚アプリです。

習慣記録で効率的なループを作る

生活習慣を記録することで、仕事とプライベートの効率的な時間の使い方を意識できるようになります。自分の時間を有効的に利用できれば、よりよい豊かな暮らしもできるようになるでしょう。それにはまず、自分の習慣を理解することが肝心です。良い習慣、悪い習慣を理解したうえで、自分が習慣にしたいことは何かを考えましょう。この機会に習慣記録アプリを検討してみてはいかがでしょうか。

 

他にもメンバー限定コンテンツを多数公開中!
新規登録の方はこちら >
メンバーの方はこちら >

【オススメ記事】
若い世代が世界を動かす?30アンダー30の経営者に見る3つの共通点
誰もが自分の人生の経営者。お金で時間を買うのはM&Aだという考え方。
Peing-質問箱-はなぜ流行っているの?
【インタビュー】小松美羽さんに聞く「あなたのターニングポイントは」Vol.1
【インタビュー】和田 浩一さんに聞く「あなたのターニングポイントは」Vol.1