一流が「歯」のメンテナンスに余念がない理由


かつて、「芸能人は歯が命」というCMが一世を風靡したのをご存じの人もいるのではないでしょうか。キャッチーなフレーズとCMに登場する俳優たちのパフォーマンスが印象的で、自分の歯を意識するようになった人もいるのではないだろうか。現在の日本では歯のメンテナンスに余念のない人達が増加していると言われています。特に富裕層や、若い世代の優秀なビジネスパーソンなど、いわゆる一流と呼ばれている方を中心にその動きが増しています。それはなぜでしょうか。

ビジネスのグローバル化が日本人の美意識を刺激

富裕層が歯のメンテナンスにお金をかけていると言われれば納得できるという人も優秀なビジネスパーソンほど歯に対する余念がない理由は分かるでしょうか。

1つ目はビジネスのグローバル化があります。日本人は目を見て人を判断し、アメリカ人は歯を見ると言われています。ハリウッド映画やサブスクリプションサービスを活用してアメリカのドラマを見ると、出演する俳優・女優たちの歯は白く、歯並びがよいことが見て取れます。また、出演者のセリフや行動でも歯が大切にされていることが伺えます。

これをビジネスシーンに当てはめるとどうなるでしょうか。アメリカ人の目線で考えると、虫歯や口臭の有無はもちろんのこと、歯並びや着色も確認し、その人が信頼に取るに足りる相手なのかを判断するのです。いくら高価なスーツを身に着け、磨かれた靴を履き、価値のある腕時計をしていたとしても、生活習慣のひとつともいえる「歯」の手入れが行き届いていないなら、ビジネス面でも行き届かない点があるかもしれ無いという不安を持たれるのです。

もしも歯で「落第」と判断されればビジネスの世界での協業は難しくなるでしょう。そのため、アメリカではデキるビジネスパーソンほど歯の手入れを行い、美しく白い歯を持っているとされているのです。現に、アメリカでは小さい頃から歯磨きやメンテナンスを熱心に行うそうです。歯磨きという小さな習慣ひとつで将来が決まるといってもよいかもしれません。

一方、日本人はアメリカ等に比べると歯に対する意識が薄かったのです。ビジネスのグローバル化によって世界中の人ともビジネスをすることによって、次第に歯のメンテナンスの重要性に気づくようになり、虫歯や歯並びを治し、ホワイトニングを行い、歯を白く美しく保つ人が増えてきたのです。グローバル化が歯への美意識を開眼させた一つの要素だといってもよいでしょう。

80歳で20本 歯は一生物という意識

また、優秀なビジネスパーソンが歯のメンテナンスに余念がない理由として、歯が一生物であることが伺えます。80歳で自分の歯を20本残しましょうというスローガンにもあるように、いくら毎日歯磨きをしたとしても磨き残しがあれば虫歯や歯周病の原因になりますし、ひどい時には抜歯の必要もあります。歯が抜けると人前で大きな口を開けて笑ったり、話すことを控えたいと感じるかもしれませんし、食べるものを選ばなくてはいけなくなります。

歯の神経を抜いたことで体のどこかに影響がある人もいます。歯の神経は体のさまざまな器官とつながっていますから、体の他の部位の調子がおかしくなる可能性も否めません。一生涯健やかな歯でいることは歯の健康だけではなく、体全体の健康にも直結することが分かるのではないでしょうか。

歯のメンテナンスには未来への投資

ただし、歯のメンテナンスは虫歯や歯周病の治療ではないことに注意が必要です。ワインやコーヒーの摂取によって歯に着色料がつきますので、定期的にホワイトニングに通う他、虫歯や歯周病になる前に定期的に歯科に通い虫歯がないか、歯石が溜まっていないか、歯周病になっていないのかを確認するのです。どんなに歯を磨いても、歯石が3ヵ月ほどの周期で溜まるそうです。そのため、歯科医院にもその周期で通うとよいかもしれません。

歯科検診にて何かしらの兆候が見つかれば、早急に治療を行います。すぐに治療をすれば歯科医院通いは1回で済みますが、歯の状態がひどければ何度も通わなくてはならず、その分出費がかさみますから、早め早めに対処することが将来の歯を作るのだと考えるようにしましょう。

歯を美しく保ち、国際競争を勝ち抜こう

このように優秀なビジネスパーソンは国際競走に勝ち抜くために歯をメンテナンスに余念がないと言えます。こういった需要に応えるかのように審美歯科が増え、クリニック通いをする人も増加傾向にあります。美しい歯であり続けることで清潔さを印象づけ、周囲からの評価もあがるのであれば、あなたも歯のメンテナンスを初めてみてはいかがでしょうか。