コミュニケーションスキルを高めるには?


「コミュニケーションスキルを高めて仕事の成果につなげたい」と考えている人は多いかもしれません。同じような話をしているのにもかかわらず「面白い人」と「話がイマイチ分かりにくい人」がいます。例えば営業や職場で面白い話をしたいのに相手がいつもイマイチな反応で悩んでいたりする……そんな経験はありませんか?

もっと上手に伝えることができれば周囲との関係も今よりスムーズなものになるでしょう。上手に伝えるためにはコツがあります。そこで本記事では、上手に伝える話の仕方の特徴や何を意識すれば良いのかについて紹介します。

話が分かりにくい人の4つの特徴とは?

話が分かりにくい人には、主に以下のような4つの特徴があります。

説明が長く結論が見えない

話が分かりにくい人と分かりやすい人の特徴の一つに「何を伝えたいのかが明確か」ということあります。分かりやすい人は結論を簡潔に伝えた後に背景などを補足するような話し方をする傾向です。一方、話が分かりにくい人は、結論にたどり着くまでの説明が多く結果的に話が長くなりがち。なかなか結論が見えない話を長々と聞いている側としては、結果的に何を伝えたいのかが分かりづらく苦痛です。

話に抑揚がない

話がうまい人は、大切なところや伝えたい箇所ではやや声を大きくしたりジェスチャーを交えたりして相手に伝えようとします。一方、話が分かりにくい人は、最初から最後まで淡々と話し続けるため聞くほうも話の内容をつかむことができません。

相手の理解に合わせた話し方をしない

話が分かりにくい人は、つい自分が伝えたいことに熱心になり相手の理解や反応を考えず一方的に話をしてしまいがちです。例えば相手の興味や関心の薄い話題や理解が難しい専門用語などが登場する会話が続くと聞くほうは会話の内容をつかむのに一生懸命でコミュニケーションを楽しむことができません。

相手を否定するようなニュアンスを返す

話が伝わりにくいだけでなく会話中の相手からの反応に「いや」「そうじゃなくて」など相手を「否定」するコミュニケーションも注意が必要です。話を理解しようとしている相手との関係を悪化させてしまう可能性があるため、理解を得ることは難しくなりくます。

話が分かりやすくなる2つのコツ

前置きの言葉を使う

枕詞のようなことですが、いきなり本題について話をする前に「○○のことなんだけど」「○○について説明しますね」など、一言加えてみてください。話そうとしているポイントが自分の中で明確になり、内容にブレがなくなります。さらに相手も「この話をするんだな」と意識をもって聞いてくれるようになります。さらに、「結論から先に話をする」「一つ一つを短く簡潔に話す」ことを心がけて話をするとグッと分かりやすくなります。

難しい言葉や専門用語は使わない

話が分かりにくい人の特徴に「話が難しい」「会話に専門用語が多くでてくる」という共通点があります。あまりなじみのない四字熟語やビジネス用語、専門用語などは同じ知識レベルにある人であれば問題ありません。しかしそうではない場合、相手はあなたが発する言葉の意味を理解するのに必死で内容はほとんど頭に残らないでしょう。そのため専門用語などは多用せず相手の理解に合わせた会話をすることが大切です。

ちょっと意識するだけであなたの話は分かりやすく、面白くなる

「結論を先に」「簡潔に話す」などポイントを意識すれば、あなたの話はもっと相手に伝わるようになります。そうすれば「あの人の話は分かりやすい」となり評価も変わってくるでしょう。会話の根本は相互理解、話が分かりやすい人とのコミュニケーションであれば相手も気を良くし会話が弾むことが期待できます。そのようなコミュニケーションが常にできるようになれば人間関係もスムーズになるはずです。

Photo by ButterflyEffect on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・アクティブ・リスニングとは?周りをポジティブに
・EdTechとは? 世界と日本の教育事例を解説
・社会人の勉強の必要性について解説。おすすめの方法は?
・仕事も整える?サウナ付きコワーキングスペース3選
・「人生100年時代」のキャリア戦略 どう学びどう生かすかがカギ