ESG投資とは?世界で拡大している理由


近頃、資産運用の分野で「ESG投資」が話題になっています。「ESG投資」の「ESG」とは、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせたもので、従来の財務情報だけでなく、「ESG」の3つの観点を意識した投資です。今、なぜこの「ESG投資」が世界的に注目されているのでしょうか。

昨今注目の「ESG投資」とは?

「ESG投資」とは、環境や社会への貢献度、ガバナンスに配慮しているかどうかといった点を重視して行う投資のことです。これまでの投資における考え方は、投資対象の企業の業績や利益といった「数字」「お金」にフォーカスし、金銭的リターンがどの程度見込めるか、ということでした。「ESG投資」では、投資対象となる企業は財務情報のみならず、環境・社会・ガバナンスの視点でも評価されることになります。また、投資家においても、ESGの視点を組み入れることが投資原則となっています。

「ESG投資」が注目を集めるようになったのは、2006年に当時の国連事務総長であったアナン氏が、「責任投資原則」(PRI)を提唱したことがきっかけです。PRIはESGを投資プロセスに組み入れるというもので、年金基金などのアセットオーナや運用会社などが自主的に署名し、参加を表明しています。日本においてESG投資が広まったのは2015年のことです。同年、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国連責任投資原則(PRI)に署名し、2017年からESG投資がはじまりました。

GSIA(The Global Sustainable Investment Alliance)が発行している報告書「2018 GLOBAL SUSTAINABLE INVESTMENT REVIEW」(※)によると、世界のESG投資額は、2016年から2018年までの2年間で34%成長し、今や3,418兆円規模になりました。特に日本は、この2年間で300%以上の急成長をみせています。
(※)GSIA「2018 GLOBAL SUSTAINABLE INVESTMENT REVIEW」
http://www.gsi-alliance.org/wp-content/uploads/2019/03/GSIR_Review2018.3.28.pdf

ESG投資における7つの手法

ESG投資の手法は7種類に分かれます。ESG投資のアプローチとして最も用いられるのは「ネガティブ・スクリーニング」と言われる、事業内容などに問題があると思われる企業を投資対象から除外する手法です。武器製造や児童就労を強いられる企業や事業、たばこやアルコール、ギャンブルなどを事業とする企業やそれらの産業も除外対象となります。

それに次ぐのは「ESGインテグレーション型」で、既存の財務情報だけでなく、ESG情報をもとに判断して投資する手法です。続いて、株主(もしくは将来の株主)の立場からESGへの取り組みを企業に働きかける「エンゲージメント・議決権行使」、環境破壊や人権侵害などの国際規範に照らし合わせ、最低限の基準を満たしていない企業を投資対象から除外する「国際規範スクリーニング」が主な手法となっています。

ほかには、同種の業種の中でESG関連の評価が高い企業に投資する「ポジティブ・スクリーニング」、社会や環境に関するテーマを設定し、関連する企業に投資する「サステナビリティ・テーマ投資」、社会的インパクトや環境インパクトを重視した「インパクト・コミュニティ投資」という手法があります。

SDGsと親和性が高く、注目を集めるESG

ESG投資は、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とも密接な関係があります。国連で193ヵ国すべてが合意して採択したSDGsには、2030年までに解決したい貧困の撲滅や格差の是正、気候変動対策など17の目標が掲げられています。これは「ESG投資」の指標とも重なるものです。企業は、SDGsに掲げられた社会的な問題に取り組むことで新たな事業機会を得るだけでなく、取り組みが評価されることで投資家から「ESG投資」を得る可能性が生まれます。

一方の投資家にとっての「ESG投資」のメリットは、安定した長期的な運用が見込めることでしょう。投資先候補の企業が取り組む環境・社会・ガバナンスは一時的ではなく、永続的なものです。利益最優先の経営や好不況に左右される事業への進出などは“ESG的基準”から選択することは考えにくく、企業価値を著しく下げるような不祥事の発生リスクも低いでしょう。

そして、そのような企業への投資は、「ESG」に優れ「SDGs」を通じて社会的課題の解決に取り組む企業をサポートすることを意味します。企業への投資が社会貢献につながるという点は、投資側にとっても魅力的です。短期的なリターンはあまり見込めないなどのデメリットはありますが、ESG投資は今後も成長の可能性を十分に秘めているといえるでしょう。

Photo by ITTIGallery on Shutterstock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・レバレッジ・シンキングから読み解く「読書は投資」という考え方
・投資をするときも冷静でいるために!行動経済学で考える資産運用
・株主優待は「ポイント付与」で!利用簡単、新たな潮流に
・2,000万円の老後資金。年齢別の積立額で考えてみた
・金融教育にも動画の波!日本も世界も動画で分かりやすく学ぶ!