健康経営とは?経営のカギを握る生産性向上への一手


テレワークの波が急速に訪れたことで、経営陣からは従業員の働きぶりだけでなく、心身の状態も見えづらくなってしまいました。生産性の向上を目指すのであれば、業務の効率化と同時に従業員の健康へも配慮しなければなりません。ここでは、経営に好影響を与える従業員の健康増進について、その手法とともにご紹介します。

健康経営とは

従業員の健康状態が企業の生産性に影響を及ぼすということは、経営者であれば感覚的に理解できるのではないでしょうか。従業員の健康状態が悪い場合では生産性が低下し、常に良い状態であれば高いモチベーションを保ちながら業務を進めることができます。

健康経営とは従業員の健康管理を経営の観点から考えて、従業員の健康づくりを戦略的に実践することを指します。社員が毎日健やかに過ごすことができれば、医療費の節減、体調不良による突然の休暇の回避、生産性や創造性、企業イメージの向上などの効果が期待できます。

これからの時代は企業側の感染症対策も課題に

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の多数の企業が損害を受けました。社員が新型コロナウイルスに感染して事業所を一時閉鎖した企業もあります。これからはこのような新しいウイルスだけでなく、毎年冬に猛威を奮うインフルエンザや風邪の感染にも注意したいものです。

社員一人が感染すれば、チーム内・部署内で感染が広がってしまう事態も考えられます。空気清浄機や消毒用アルコールの設置、社員へのマスクの配給なども継続的に行う必要があるでしょう。

リモートワーカー増加時代に行うべき従業員への配慮

2020年から急速に広がったリモートワークによって、従業員にはより高い「自己管理能力」が求められています。通勤の必要がなくなったことで歩く時間が減って運動不足になる社員や、自宅が作業場となってしまったばかりについつい働きすぎてしまう社員も出てくるでしょう。

自炊ができない人は栄養バランスが偏りがちになったり、睡眠のコントロールが難しくなってしまったりといった問題も考えられます。

企業側は従業員のプライベートな領域に踏み込むことはできませんが、業務時間内に健康増進に向けた取り組みを実践することは可能です。リモートワーク実行中の企業でも取り組める、従業員の健康のためのプログラムをご紹介します。

働きすぎを防止する労務管理ツールの導入

リモートワークのための労務管理ツールを導入して従業員の労働時間を可視化し、働きすぎを防止しましょう。パソコンの稼働情報を収集して勤務状況を表示できるツールなら、客観的なデータが取得できます。このデータは従業員の評価や給与管理にも役立ちます。

デリバリー・宅食で従業員の食事支援

思うように外出できない、自炊が苦手、自分だけだと食生活が乱れがちになってしまうといった従業員への支援として、デリバリーや宅食のチケット・割引券を配布するのも手です。

1日に1~2回、オンラインで運動

1日に1~2回、リモートワーカー全体が手を止めて、オンラインで顔を合わせながらストレッチをする時間を設けましょう。運動不足を回避するとともに、集中力の向上にもつながります。1回10~15分程度、ビデオ会議システムの画面共有機能を使って全体で運動してみましょう。座ったままでもできる簡単な体操でも、ストレッチで体をほぐせます。

これなら簡単!リモートワーク下の健康管理におすすめのアプリ

テレワーク中の従業員の健康管理に役立つアプリもあります。

グッピー ヘルスケア

従業員の福利厚生制度の一つとして利用できる健康管理アプリです。経営者や人事担当者が従業員の健康状態を簡単に把握でき、従業員は健康管理アプリで得たポイントをギフト券や現金に交換することができます。

このアプリでは、体重・体脂肪管理を始め歩数計、ランニング記録、エクササイズ動画の閲覧、食事記録、睡眠時間管理、飲酒管理や血圧管理まで行えます。経営者や人事担当者は、従業員が入力した値の平均値を閲覧できます。

従業員健康管理「ANBAI」

ストレスや睡眠不足で乱れてしまう自律神経の状態を測定できるアプリです。スマートフォンで心拍の変動を測定し、ストレス状況を解析できます。自律神経を毎日チェックすることで、従業員自身もイライラや睡眠不足などによる体調の変化を客観的にとらえることができます。

測定方法はとても簡単です。スマートフォンのカメラのレンズに1分間指をあてるだけで、脈拍のリズムを計測できます。従業員が毎日なにかを入力する必要がなく、導入のハードルが比較的低い健康管理アプリといえます。

測定したデータは、産業医や保健師のみが閲覧できるように制限をかけることもできます。従業員の健康管理とともにプライバシーの保護も行えるアプリです。

リモートワークの要は健康にあり。従業員の健康を守って経営にもプラス!

従業員の健康を守ることで、経営にもプラスの影響を与えてくれます。リモートワークが急増し、以前よりも従業員の健康が見えづらくなっているいまだからこそ、アプリなどを活用して健康経営を目指してみてはいかがでしょうか。

Photo by REDPIXEL&tadamichi on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・ヘルスケア最前線!IoTで「健康ハック」
・健康×IT で一歩先行くイスラエルの取り組みに迫る
・「時は金なり」と「タイムイズマネー」の意味の違いについて解説
・新しい経済政策パッケージで日本は2020年度までに大きく様変わりする
・松下幸之助氏、江副浩正氏、藤田普氏…名経営者が事業を興した始めの一歩とは?