HIITトレーニングとは?メリットと具体例


「学生時代と比べて身体の衰えやお腹周りが気になってきた」と感じる人も多いのではないでしょうか。しかし普段は忙しくてなかなか身体を動かす時間を作ることは難しいかもしれません。多忙なビジネスパーソンに紹介したいのが「HIITトレーニング」です。1日4分程度の運動で身体が引き締まるトレーニングを紹介します。

HIITトレーニングとはそもそも何か

数あるトレーニング法の中で話題になっているのが「HIIT」と呼ばれるトレーニングです。HIITとは、High-Intensity Interval Training(=高強度インターバルトレーニング)の頭文字をとったもので強度の高い運動と少しの休憩を交互に繰り返して行うトレーニング方法になります。HIITの中でも人気なのが立命館大学の田畑泉教授が考案した「タバタトレーニング」です。

20秒の全力での運動と10秒の休憩を6~8セット繰り返すもので筋トレと有酸素運動両方の効果があるといわれています。

HIITトレーニングのメリットとは?

なぜHIITトレーニングはここまで人気になったのでしょうか。理由は主に2つあります。1つは、「短い時間で高い負荷をかけることができる」という点です。20秒の運動と10秒の休憩であれば例えば8セット行ったとしてもかかる時間はわずか4分です。数分のトレーニングにもかかわらず有酸素運動や筋トレに比べても非常に高い運動効果があることが分かっています。

短時間で効果が高いというのは、忙しいサラリーマンにとって大きなメリットといえるでしょう。もう1つは、すべて自重で行えるトレーニングということです。自宅で行えるため機材も必要ありません。毎月のジム費用を考えると経済的なメリットは大きいでしょう。この2点がHIITの人気の理由なのです。

HITTトレーニングの具体的メニュー・注意点を紹介

では、実際どのようなメニューを20秒間行えばよいのでしょうか。具体的なメニューを紹介します。

バーピージャンプ

HIITの中でも特に有名なのが、全身の筋肉を使うバーピージャンプです。具体的なやり方は以下の通りです。

1.立った状態から素早くしゃがむ
2.床に手をつけ腕立て伏せのポーズをとる
3.その状態から脚を引き寄せ、再びしゃがんだポーズをとる
4.しゃがんだ状態からジャンプして立ち上がり1に戻る

スライドスクワット

スライドスクワットは、特に下半身に効果のあるトレーニングになります。具体的なやり方は以下の通りです。

1.足を肩幅より少し広めにとり、腰を落とす。つま先とひざは身体の外に向ける
2.腰を落とした状態で上半身を左右にスライドさせる。腰が上がってこないように注意

ひざつき腕立て伏せ

ひざつき腕立て伏せは、上半身に効果のあるトレーニングでバストアップなどにも役立ちます。具体的なやり方は以下の通りです。

1.ひざをつきひざから頭までが一直線になるように姿勢を保つ
2.その姿勢のまま、腕を曲げ身体を地面に近づける
3.地面に近づけたら、反動をつけずに腕と胸の力で腕を伸ばし1の姿勢に戻す

またHIITは全力で行う運動になるため、注意が必要です。空腹状態や疲れた状態で行ったり無理をしすぎたりすることは禁物です。

多忙なビジネスマンのためのベストアンサーがHIIT。ただし継続に意味がある

トレーニングに関しては、これまでもさまざまな研究が行われており新しい理論が発表されるたびに多種多様なトレーニング法が生み出されてきました。HIITもその最新理論から生まれたものです。「短時間で成果を手に入れたい」と思うビジネスマンにとってわずか4分で行えるHIITは最適なトレーニングの一つといえるのではないでしょうか。

しかしどういうトレーニングであっても継続することに意味があります。効率がよいといっても数日で身体が改善するわけではなく効果を実感できるようになるには数ヵ月が必要でしょう。目指す身体になるために今年こそ短時間で行えるHIITをやり遂げてみてはいかがでしょうか。

Photo by Satyrenko&Yuganov Konstantin on Shutterstock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・金メダリスト マイケル・フェルベスに学ぶ「マイクロ習慣」に秘めるパワー
・ビジネスを円滑に進めるには「イライラ」に勝つことが大事!今注目のアンガーマネジメントとは?
・「時は金なり」と「タイムイズマネー」の意味の違いについて解説
・新しい経済政策パッケージで日本は2020年度までに大きく様変わりする
・お金にもトレーニングを。家計の「パーソナルジム」が注目