自分への投資 1日、1ヵ月、1年間でそれぞれできることは?


自己投資は「何に投資するか」によって必要な時間も変わってきます。気軽に取り組めるものから根気が必要となるものまで多種多様です。この記事では「1日」「1ヵ月」「1年間」といった期間別で取り組める投資方法の一例を紹介していきます。

1日でできる自分への投資

読書・新聞のまとめ読み、セミナーへの参加

1日あれば本を1冊もしくは数冊読み終えることができます。図書館などで過去数ヵ月、1年分程度の新聞をななめ読みすることもできるでしょう。読書などによる知識のインプットは時間さえあれば実践できる自己投資のため、忙しい人でもスキマ時間を活用してぜひ取り組みたいものです。新たな知識を得るという意味では、話題のトピックスを扱う経済セミナーなどに参加するのも良いでしょう。

身近で足を運んだことがない場所に行く

「近所にあるにもかかわらず行ったことがない」という文化施設や観光名所はありませんか?よく行くショッピングセンターであっても足を踏み入れたことのないフロアなどはあるかもしれません。時間が空いたとき普段足を踏み入れないような場所に行ってみてはいかがでしょうか。思いがけない発見があったり新たな興味が湧いたりすることが期待できます。

ストレス解消も立派な投資

ストレス解消を目的に、趣味や遊び、近場への日帰り温泉旅行などに1日かけることも立派な自己投資です。気持ちがリフレッシュすれば今後の仕事の効率も向上するでしょう。ストレス解消につながる趣味などがない人は、休日などを利用して自分のストレスが減る方法をいろいろと試して見つけておきたいものです。

1ヵ月でできる自分への投資

禁煙や運動の習慣化(健康への投資)

個人差はありますが、禁煙や運動を習慣化させるためには最低1ヵ月くらい取り組むことが必要です。しかし体調を崩したりストレスをためてしまったりしては、投資としては逆効果になります。禁煙も運動も早めの習慣化に取り組んでおきたいところです。

ダイエットの習慣化(見た目への投資)

ダイエットは、早い人で1ヵ月くらいから効果が見えはじめます。まずは1ヵ月を目標にして「プラス1ヵ月」「プラス3ヵ月」「プラス半年」と少しずつ期間を延ばしていくほうが、気軽に取り組みやすいでしょう。

1年でできる自分への投資

長期留学

自分への投資に1年間という長い時間をかけることができるなら長期留学を検討してみてはいかがでしょうか。自身が習得したい外国語圏の国に留学すれば語学力の飛躍的なアップが期待できます。またその国に長く住み多様な文化にふれることは自身の視野を広げることなどにもつながるでしょう。

資格の取得

資格取得に向け1年間かけて勉強に取り組むのも良いでしょう。長期留学とは異なり資格の勉強であれば仕事をしながらでも取り組むことが可能です。ただ資格の勉強に取り組む前に「なぜ資格を取得するのか」「取得した後の活用の仕方」などもしっかりと検討しておきましょう。例えば「資格を取ることで昇給が見込める」「資格を活かして副業を行う」など取り組む理由を明確化すると1年間を有効に利用することが期待できます。1年間の勉強で取得できそうな資格としては、日商簿記やファイナンシャル・プランニング技能士などがあります。

婚活

婚活することも自己投資です。婚活はある意味自分磨きの一面もあります。外見や内面、考え方、人との付き合い方などを改めて考え直すよい機会になるはずです。婚活を通じた自己投資の結果、生涯のパートナーを見つけられれば一石二鳥ですね。

まずライフプランを考えてみては?

「どのような自分投資をしようか」について迷ったらまず自分のライフプランを考えてみてはいかがでしょうか。「将来なりたいこと」を逆算すれば現在取り組むことが見えてくるでしょう。なかでも自分への投資として時間がかかるものについては、早めに取り組みはじめておきたいものです。思い立ったが吉日……これを機にターニングポイントととらえて早速自分への投資計画を立ててみましょう。

Photo by Monster Ztudio&Syda Productions on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・「労力×効果」のマトリクスで見る「コスパの高い」自己投資
・経営者が行っている読書法とは?
・信用力が試される時代。「時間価値」を高めるために私たちは何をすべきなのか
・ミレニアル世代のリーダーに求められる必須スキル4選
・創造的思考はセンスよりスキル!習慣化してビジネスで優位に!