趣味を副業にした方法とは?海外旅行が趣味のAさんの場合


普段は大手メーカーに勤務している、趣味が海外旅行のAさんは副業で海外アクセサリーの販売を行っています。なぜ一社員であるが海外アクセサリーの販売を始めたのでしょうか。また副業でどれくらいの利益を上げているのでしょうか。Aさんの副業について解説します。

なぜAさんは、海外アクセサリーの販売を始めたのか

Aさんが海外アクセサリーの販売を始めたきっかけですが、Aさんはメーカーに勤務しており海外とのコネクションがあったわけでも、特にジュエリー・アクセサリーに詳しかったわけでもありません。ただ、年に1~2回、ヨーロッパを中心に海外旅行をし、その国のハンドメイド雑貨や職人が作るハンドメイドジュエリーなど買い集めるのが趣味でした。

スペインへ旅行に行ったとき現地のジュエリーデザイナーのお店で商品を見ていると、そこのオーナーが「日本人?」と声をかけてきたのです。彼は「日本好きで日本で商品を販売したいと思っている」と話してきました。これまでメルカリなどで不要になったジュエリーを売った経験があるAさんは、「日本での販売を手伝えるかもしれない」と感じ、いくつか彼の商品を購入したのです。

日本で販売を開始し、少なからず実績をつくれたことが、副業をはじめたきっかけになります。今は、複数のブランドを取り扱っています。

海外アクセサリーの販売、具体的にはどうやってやるの?


海外アクセサリーの販売にあたっては、いくつか手順を踏む必要があります。ここではAさんがそれぞれ「仕入れ」「輸入」「販売」の3つのプロセスでどうやっているかを具体的に紹介しましょう。

仕入れ

まずは、どういった商品を仕入れるかです。これについては、もともとAさんがヨーロッパのアクセサリー、アンティーク小物好きということが生きています。実際、旅行中に自分の好きなお店を巡り、そこで気に入ったものがあれば買い付けるという形です。Aさんは軽くて輸送しやすいピアスやネックレスなどのアクセサリーをメインに買い付けています。

輸入

輸入の部分が、Aさんが最も苦労したプロセスです。Aさんの場合、基本的には現地に行って買い付け、スーツケースに商品を入れて持って帰ってきます。しかし問題は税金です。営利目的で輸入する場合、関税がかかりますし、また輸入消費税など税金制度は複雑です。そこで彼女は、商売にすると決めたときから個人事業主として申告しており、税理士のサポートを受けています。

販売

販売については、オンラインがメインです。Baseという無料でオンラインショップが作成できるプラットフォームを使っています。加えてメルカリなどのCtoCショップも活用、アマゾンや楽天などは使わず、あくまで個人として販売できる程度にとどめているのが特徴です。またオンラインとは別にオフラインでも販売をしています。

Aさんは本業があるのでお店を出すことまでは考えていませんが、年に4回ほどスペースを借りて販売会を行いAさんの友人や同僚、またFacebookを使って告知して集客しています。決済はAirレジを導入してカード払いにも対応しました。

アクセサリーの販売は、どれくらい利益が稼げるの?

副業でアクセサリーの販売した場合、どれくらいの初期投資や利益がかかるのでしょうか。Aさんのケースを見てみましょう。アクセサリーの販売の売上は、月によってばらつきがあるものの平均すると毎月25万円前後、年間で約300万円です。だいたい仕入れ費用の倍くらいの値段設定をしているのでかかる原価は約150万円になります。

Aさんのアクセサリー販売(副業)の年間利益

売上高 約300万円(月約25万円)
仕入れ原価 約150万円
粗利益 約150万円
諸経費 約50万円
営業利益 約100万円

 
そこからクレジットカード手数料や配送料、ネットショップの手数料などの経費を差し引くと残る金額は、年間約100万円です。また初回のコストとしては、仕入れ金額だけになります。最初は小さく始めたので諸経費合わせても50万円程度でした。現状は年間約150万円の仕入れをしているので当初に比べ3倍程度の規模になっています。

しかし一人で管理できる規模としては今くらいが限界で、これ以上大きくする予定はないとのことです。

ふつうのOLでも、きっかけがあれば副業を手にすることができる

Aさんの場合、もともと海外アクセサリー好きでしたが特にスキルを持っていたわけではありません。しかしちょっとしたきっかけで年間約100万円の所得を副業で稼いでいます。もしかすると趣味がある人なら自分の好きなことが副業ビジネスになるかもしれません。

※副業は会社によっては認められておりません。本記事で紹介したような副業を行う場合は勤務先の規定等を確認のうえ、自己責任で行ってください。

Photo by sebra&Paylessimages on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・前職を生かした副業とは?「元コンサルタント」Cさんの場合
・数%。脱サラ成功率を知り、起業に備える3つのポイント
・「時は金なり」と「タイムイズマネー」の意味の違いについて解説
・新しい経済政策パッケージで日本は2020年度までに大きく様変わりする
・起業だけじゃない?M&Aという選択肢も