「副業YouTuber」という選択肢、メリットは?実際いくら稼げるの?


ペット系や趣味系、ゲーム実況系……さまざまなジャンルで活躍している「副業YouTuber」存在は珍しくなくなってきました。本業に影響しないよう「顔出しナシ」で動画をアップロードしている人も多い「副業YouTuber」という選択は、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は副業YouTuberとなるメリットや実際にどれくらい稼げるのかなどについて解説します。

副業YouTuberになるメリット

副業YouTuberになるメリットは、大きく分けると主に以下の3つです。

・自身の趣味やスキルを生かしつつ収入が得られる
・初期投資を比較的かけずに始められる
・「資産」を築くことができる
・動画の制作スキルなどを身に付けられる

自身の趣味やスキルを生かしつつ収入が得られる

YouTuberの主な収入は「広告収益」です。広告収益を得るためには「YouTubeパートナープログラム(YPP)」に申し込み、参加を認められる必要があります。参加の承認には、チャンネル登録者数や視聴回数、動画の質などで一定の条件を満たしていることが求められるため、YouTube動画を公開し始めてもすぐに広告収入が得られるわけではありません。

またコンテンツのガイドラインに準拠していることもポイントです。参加が認められるチャンネル登録者数に明確な基準があるわけではありませんが、「登録チャンネル数が1,000人ほどで審査を通過した」という声が多いようです。

初期投資を比較的かけずに始められる

YouTubeを副業にしようとする人が増えている理由の1つは、初期投資があまりかからないからでしょう。動画を撮影できるスマホと、動画編集するソフトがあればそれだけでYouTubeに動画をアップできます。プロ顔負けのデジカメや高価な三脚、ライトなどの機材、プロ仕様の編集ソフトなどを揃える必要なくてもスタートできるのは魅力でしょう。投稿内容も自身の趣味やスキルを収めたもので、撮影場所も自宅などであれば極力、お金をかけずにYouTuberデビューが可能です。

「資産」を築くことができる

一般的に人が得る収入は「労働収入」と「資産収入」の2種類です。このうち労働収入は「単発的」な収入、資産収入は「継続的」な収入という特徴があり、YouTube動画による広告収益は後者の資産収入の性質を帯びています。動画を撮影して編集する手間は掛かりますが、一度YouTubeにアップした動画が人気を集めれば、広告収益を継続的に得られるかもしれません。
つまり、自身が作成し保有している動画コンテンツが「資産」となるということです。資産収入は将来、定年退職したあとの生活を支える収入源の1つになり得るため、「資産」を築くためにYouTuberになるという人も少ないようです。

動画の制作スキルなどを身に付けられる

YouTuberとして動画を制作するようになることで新たに撮影スキルや編集スキルなどを身に付けられるのも副業YouTuberになるメリットの一つです。今は多くの企業が公式YouTubeチャンネルを持ち、定期的に更新しています。副業で培った動画の制作スキルで、今後YouTubeへの進出を図る企業や個人事業主から、動画コンテンツ制作の仕事を請け負える可能性があるかもしれません。

また、自身で動画の制作スキルをオンラインで伝えるセミナー業などへの展開も可能かもしれません。YouTuberを目指す人向けのコンサルティングなどの道もあるでしょう。もちろん、そこまで大きな夢でなくとも、現実的に動画制作で培ったスキルで収入を得る方法はあります。例えば、動画編集に関する仕事はクラウドワーカー向け仕事サイトなどに多数掲載されています。

どれくらい稼げるの?確定申告は必要?

YouTubeの広告収入は動画の再生回数や再生単価などによって変わってきますが、1再生0.1円前後といわれています。この場合は10万再生だと1万円、100万再生だと10万円という計算になります。実際には複数の動画の月間合計再生数が月収に結びつきますので人気動画を多く作っていればいるほど月収も多くなる傾向にあります。

すでに本業で給与を得ている人の場合、副業YouTuberの広告収入は「雑所得」に分類されます。雑所得が年間で20万円を超えると確定申告が必要になります。所得とは実際に入った広告収入ではなく必要経費を差し引いたあとの金額ですので、「広告収入-必要経費=所得」という計算になります。確定申告は収入があった年度(1月1日~12月31日)の翌年の2月15日~3月16日までに行う必要があります。

起業のために副業YouTuberになる、という考え方

働き方や生き方の多様性が認められつつあるなか、起業やフリーランスとしての活動、そして副業も身近になってきました。副業で安定的な収入を得ることができれば、起業後も安定した収入が期待できるでしょう。起業のために副業による収入源を確保する意味でも副業YouTuberになるということは現代らしい選択肢の一つかもしれません。

Photo by wachiwit on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・興味深い「超スキマ時間」副業サービス
・目指したのは、チャレンジする人が思い切れる仕組み。中山亮太郎さんの「ターニングポイント」Vol.2
・起業だけじゃない?M&Aという選択肢も
・「熱帯植物栽培家」杉山拓巳さん Vol.1 独自の視点と理論で植物を栽培
・なぜInstagramやYouTubeで一見『中身のない動画』が人気になるのか