年収1,000万は意外と貧乏?2,000万を目指す方法


会社員の一つの目標として「年収1,000万」が声高に喧伝されていますが、その目標額に到達したとしても、実際の手取りは750万円程度。都心に住み、家族もいれば、決して余裕のある生活ができるわけではありません。そうであれば「年収2,000万」を目指すべき?会社員でもそこまで稼げる方法があるか考察します。

年収1,000万円は「年収750万円」が真実

年収から手取り金額を計算する場合、実際の額面年収からさまざまな項目を差し引いて算出していきます。具体的には、所得税や住民税、社会保険料、健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料、雇用保険料などです。

住民税などは居住する市区町村によって税率や金額が変わりますが、一般的には年収1000万円の場合は手取り金額が高くても750万円程度となります。年収750万円でも、住んでいる地域の住宅費の相場や子どもの数などによっては、楽な暮らしができないケースもあるでしょう。

では年収2,000万円の手取り額はいくら程度になるでしょうか。年収2,000万円の場合は税金などを引いて約1,300万円が手元に残ります。所得税だけでも400万円弱が差し引かれますが、手元に残る金額は1,000万円をゆうに超えることになります。

2,000万稼ぐための方法を「職種・業種」軸で考える

それでは年収2,000万円を実現させるにはどうすればよいでしょうか?現実的には、2つの軸で考えるとよいでしょう。具体的には「職種・業種」と「役職」です。まずは、「職種・業種」軸で考えていきましょう。

システムアナリストを目指す

大手転職サイト「マイナビ転職」がまとめた2019年版「職種別 モデル年収平均ランキング」によると、モデル年収で最も高かったのは「システムアナリスト」で1396万円でした。第2位が「コンサルタント(経営戦略)」で1,260万円となっており、モデル年収が1,000万円を超えているのはこの2つの職種だけでした。

システムアナリストは、システム開発における最高責任者的な立場で業務にあたるため、自らエンジニアリングの知識があることや高いマネジメント能力なども求められ、企業によっては高額の給与設定となっています。そのため、年収2,000万円を得ることも夢ではありません。

業種的にもIT市場はまだまだ伸びが期待される有望マーケットです。人手不足の中、参入企業も人材確保には力を入れています。

こうした業界・業種への転職を目指すためには、システムに関する専門的な知識を身に付ける必要があり、関連する資格を取得するのもよいでしょう。最近では、システムアナリストやウェブアナリストを養成するオンライン講座もあり、積極的に活用したいところです。

オンライン講座の受講や資格取得などを通じて基礎的な知識を身に付けた上で業界へ飛び込み、「OJL」(On-The-Job Learning)でスキルを高めて社内の評価も高まっていけば、年収2,000万円も夢ではありません。

コンサルタント(経営戦略)を目指す

経営戦略に関わるコンサルタントも成果次第では年収2,000万円が可能です。仕事もシビアで高い分析力なども求められますが、その分の見返りは大きいでしょう。また高年収を狙うのであれば、英語力は必要となりますが、外資系金融機関に転職するのも一つの方法です。

経営コンサルタントを募集している企業によっては、求職者に特別な資格を求めていないケースもありますが、「中小企業診断士」や「経営士」などの資格を取得しておけば、こうした職種に転職しやすくなります。

また経営コンサルタントを目指す場合、経営管理に関する経験がある方が転職の際に有利になります。そのため、まずは経営管理に関する経験を別な職種で積み、2ステップで経営コンサルタントを目指すという道もあります。

なお、経営士の資格取得でも5年以上の経営管理に関する実務経験が必要です。

2,000万稼ぐための方法を「役職」軸で考える

専門性が高い技術や資格が求められる職種に転職するのではなく、自ら企業して代表やCEO(最高経営責任者)などの役職に就き、役員報酬を2,000万円に設定できるほど会社を成長させるという方法もあります。

成長市場のITやAIに関する技術を有していれば、こうした技術を開発する企業を創業するというのも一つの選択肢ですし、技術的なスキルを有していなくても、エンジニアを採用してサービスを開発・提供する企業を起業するという手もあります。

特に最近はモビリティサービスが熱い市場の一つで、スタートアップやベンチャー企業の創業による新規参入が相次いでいます。

いま勤めている企業で「COO(最高執行責任者)」や「CMO(最高マーケティング責任者)」といった「CxO」の座を狙うという方法もありますが、かなりの成果が求められ、昇格までは時間も要します。

ビジネス感覚を研ぎ澄ませ

最近では副業(複業)で年収を高めるという方法も一般的になっていて、年収2,000万円を狙う方法は多様化しつつあるといえます。

いずれにしても、自らの年収を高め、そして維持していくためには、成長市場や有望市場がどこかを察知しておくことが重要です。ビジネス感覚を普段から研ぎ澄まし、チャンスを発掘できる嗅覚を持ちましょう。

Photo by fizkes on AdobeStock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・データから読み解く老後2000万円問題。理想のライフスタイルとは
・通勤は特急で?ビジネスパーソンが考えるべき「時間への投資」
・「時は金なり」と「タイムイズマネー」の意味の違いについて解説
・社会人の勉強の必要性について解説。おすすめの方法は?
・日本でも流行りそうなアメリカの人気職業とは?