日本人には睡眠が足りない?「睡眠負債」を解消して快眠を手に入れよう!


人が体力を回復するためには、睡眠が欠かせません。「睡眠負債」という言葉があるように、忙しいビジネスパーソンの多くは、十分な睡眠を取ることができていないでしょう。現在睡眠は科学的に分析されており、睡眠をサポートするグッズも多く販売されています。忙しいビジネスパーソンが良い睡眠を取るためには、何に気をつけるべきでしょうか。最先端の睡眠科学や、睡眠サポートグッズを紹介します。

日本人には睡眠が足りない?

睡眠負債という言葉をご存じでしょうか。徹夜や2時間睡眠などの短時間睡眠が続くとパフォーマンスが低下することはよく知られていますが、睡眠を6時間取っていても、実はわずかに睡眠時間が足りず、少しずつ睡眠不足が蓄積していきます。これを「睡眠負債」といいます。6時間睡眠を2週間続けると、2日間徹夜したのと同じ状態まで脳のパフォーマンスが低下するという研究結果もあります。

日本人の睡眠時間は、減り続けています。1日の睡眠時間が6時間以下の人は、平成20年は全体の3割未満でしたが、平成27年には4割近くに増えており、7時間以上睡眠を取る人は3割未満へと大幅に低下しています。このように、日本人は「睡眠負債」を抱えている人が多いのです。

睡眠はここまで科学されている!

睡眠について、皆さんはどこまで理解しているでしょうか。意識がない状態を睡眠と思っている人もいるかもしれません。現在は研究が進み、睡眠に関していろいろなことがわかってきました。

人間は、大脳を休ませるために睡眠を取ります。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることが知られていますが、ノンレム睡眠時は大脳が休んでおり、レム睡眠には覚醒と熟睡の橋渡しをする役割があります。

睡眠時と覚醒時では、出る脳波が違うこともわかっています。睡眠時は、デルタ波と呼ばれる低周波の脳波が出ます。最近では、脳波をもとに「最適な睡眠」が研究されています。

睡眠をサポートするおすすめグッズ

快適な睡眠を取るためには、どうすればいいのでしょうか。もちろん適切な睡眠時間を確保するのが理想ですが、忙しいビジネスパーソンにとっては難しいかもしれません。そんな時は、最先端のガジェットを頼ってみてはいかがでしょうか。そこでおすすめの睡眠サポートグッズを紹介します。

睡眠を五感でサポートする「&Free」

まずは、寝具そのものの見直しです。老舗の寝具メーカーである西川が開発した「&Free」は、日本睡眠科学研究所の研究・開発によって作られたブランドです。

スリープマスターと呼ばれる専門家が、枕とマットレスの組み合わせをパーソナル・フィッティングによって把握し、自然な立ち姿に近い寝姿勢を作ることをサポートしてくれます。布団だけでなく、アロマオイルやハーブティーなどを用い、五感全体を使って心地よい睡眠に導いてくれます。

脳波を計測し最適な睡眠をサポート「LUUNA」

LUUNAは、アイマスク型のガジェットです。医療現場で使用される脳波センサーを内蔵しており、リアルタイムで睡眠中の脳波をモニタリングしてくれます。脳波はAIによって分析され、その脳波に合う音楽を再生することで、良い睡眠を総合的にサポートしてくれます。睡眠状態を常に測定しており、睡眠状態をレポートで確認することもできます。

いい睡眠で睡眠負債を解消しよう

人間にとって、睡眠はなくてはならないものです。しかし、多くのビジネスパーソンは十分な睡眠を取れていません。睡眠不足を少しでも改善するために寝具を見直したり、新しいガジェットを使ったりして、睡眠負債を解消するようにしましょう。

Photo by GlebSStock on Shutterstock.com

 
【この記事を読んだあなたにオススメ】
・人間はなぜ眠るのか?良い睡眠のコツとは
・「ロングスリーパー」のイーロン・マスク。経営者に学ぶ理想の睡眠時間とは?
・睡眠不足な人に快眠を…「スリープテック市場」最前線
・トップランナーは意外に質素な食習慣!ジョブズ、ゲイツ、オバマに星野リゾート代表まで
・新しいフィットネスの形!? NAPERCISE(ナパサイズ)から見る睡眠とは